シンガーソングカウンセラー古川秀明のホームページです。【ごあいさつ】

このHPにたどり着かれたということは、私(古川秀明)の講演会・研修会・ライブに参加なされたか、SCたよりか、風のたよりか、偶然か、私に惚れたか・・・
いずれにしてもこれをご縁に 【タダタンタント】末永くご贔屓に願います。
歌はカウンセリングを超え@施設を建てられるかプロジェクト発進!

研修会 

2018
「オープンダイアローグ入門講座」
        のお知らせ
日 時 2018年9月17日(月・祝) AM10:00~PM4:30
講 師   古川 秀明
(臨床心理士・ふるかわ家族カウンセリング研究所 所長)
場 所  こどもみらい館
(京都市営地下鉄丸太町駅下車徒歩3分)
内 容 投薬も入院もせずに対話(ダイアローグ)だけで心の病が快復するオープンダイアローグ。
フィンランドで生まれ、今世界中で注目されているこの技法をわかりやすく解説します。
なぜ対話するだけで心が元気になるのか、そのメカニズムを理解すればさに目から鱗で、今までの人生観も変わります。
家庭や職場など日常生活でも広く活用できます。

あなたもオープンダイアローグを学んで、生きている間に自分のできることで今の世の中をほんの数ミリだけでも良くしてみませんか?
※オープンダイアローグの理論と実践方法をわかりやすく解説します。教育、福祉、医療、心理など、分野を問わず、またご家庭での子育て等にも活用できます。
参加資格 一切問いません。どなた様でもご参加できます。
参加費   4,000円
申込み *ハガキ:
〒 573-1146 大阪府枚方市牧野阪1丁目22-6 古川秀明
*FAX:072-866-2685
(送信ミスにご注意下さい)
*メール:
vontom2008@yahoo.co.jp

上記いずれかにて「オープンダイアローグ2018参加希望」と明記し、住所、氏名、電話番号を書いて送信して下さい。
折り返し受付完了のお知らせを返信します。
メール・FAXを送信されて3日過ぎても返信がない場合、誤送信が考えられますので再度送信願います。
 締 切  定員20名に達した時点で締め切り。先着受付
主 催  ふるかわ家族カウンセリング研究所

研修会 


公認心理師受験に役立つ
「関係行政論 講義のお知らせ」
平成30年7月15日(日) 
午前10時~午後5時半(休憩含む)
講 師  早樫一男 氏       
追手門学院大学卒業。
京都府の児童相談機関、障害者相談機関の心理職として勤務し、福知山児童相談所長、京都府立淇陽学校長(児童自立支援施設長)、宇治児童相談所長を歴任。
同志社大学心理学部教授を経て、現在は児童養護施設長を務める。
場 所  キャンパスプラザ京都
内 容 平成30年9月9日に実施される第1回公認心理師試験において、問題の出題割合がブループリント(公認心理師試験設計表)により公開されました。
その中で、関係行政論の出題割合は約9%と他と比べて高いものになっております。

しかしながら、それらを学ぶ機会はあまりありません。
そこで今回、関係行政論に詳しい早樫一男先生を講師に招き、学びを深めたいと思います。

現任者講習会テキストに対応した講義をしていただくことで受験対策にもなり、公認心理師を受験される現職の臨床心理士の方はもちろん、心理学や福祉を学ぶ学生さんから一般の方まで、参加資格は問いません。

現役の第一線で今なお活躍されている早樫先生の講義は、受験対策のみならず、みなさまの知識と教養をも深めることでしょう。
 ※児童及び家庭福祉分野、障害福祉分野、司法福祉分野、教育分野、医療分野、産業分野の6分野の講義を6コマに分けて講義して頂きます
受講料 3000円
申込み 受付終了いたしました。
ありがとうございました。

「7月15日 関係行政論講義参加希望」と明記し、お名前、郵便番号、住所、電話番号を下記のメールまたはFAXにて古川秀明宛で送信して下さい。折り返し受講票等のご案内を郵送致します。
*FAX:072-866-2685
(送信ミスにご注意下さい)
*メール:
vontom2008@yahoo.co.jp
 企画者  興津真理子(同志社大学) 
古川秀明(ふるかわ家族カウンセリング研究所)

研修会 


ふるかわひであき講演会&LIVE 2018
「幸せに生きよう」
2018年1月8日(月・祝) 
午後1時30分~午後4時(1時受付開始)
講 師   古川 秀明
演 奏  ふるかわひであきとザ・ポリフォニーズ
(新メンバー初ライブ!)
場 所  枚方市市民会館小ホール (京阪 枚方市駅すぐ)
内 容 親や大人がすぐに答えられない、子どもからの質問があります。
それは「なぜ生きているの?」という質問です。
人それぞれ答えは違いますし、ご自分の考えがある方はそれを教えてあげればいいと思います。
しかし、意外に親や大人はその答えを持っていません。
「なぜ生きているの?」という質問の答えが、幸せに生きる方法です。
大人が対象の話ですが、できる限り子どもたちにも理解できるよう構成しました。
この講演をお聴きになって、その内容を子どもたちに伝えてもらいたいからです。
そうすることで大人のあなたも幸せになれることでしょう。
さぁ、2018年の幕開けにふるかわの話を聞いて、これからの人生を幸せに生きようではありませんか。
歌のライブも絶好調。
リクエストもお待ちしています。
参加費 大人 2,000円 中学生以下 1,000円
当日会場受付にてお支払いください。
申込み 受付終了いたしました。
下記のいずれかにて、「1月8日講演会&ライブ参加希望」と書き、郵便番号、住所、氏名、電話番号、チケットの枚数(大人と子どもの枚数もそれぞれ明記)を書いてお送り下さい。
折り返しチケットと会場までの地図を郵送いたします。

*ハガキ:
〒 573-1146 大阪府枚方市牧野阪1丁目22-6 古川秀明
*FAX:072-866-2685
(送信ミスにご注意下さい)
*メール:
vontom2008@yahoo.co.jp
お申し込み頂いて1週間過ぎても古川からの返信がない場合は送信ミスが考えられます。 その場合、①再送信していただく。 ②迷惑メール設定になっていないか確かめる。 ③面倒くさいけどハガキで送る。 ④ムカついて参加をやめる。などをお試し下さい。 尚、④はあなたの血圧を上げ、寿命を縮める恐れがあるのでお勧めできません。
 締 切  定員80名に達した時点で締め切り。先着受付

ニューアルバム「家族の歌」発売のお知らせ


アルバム
「家族の歌」
お待たせしました。最新アルバムが完成しました。
今回のアルバムは、レコーディングエンジニアにソラネコの木村 健くんを迎え、素晴らしいサポートメンバーとともに作り上げました。
もちろん全曲 私の作詞作曲によるものですが、今回のメインボーカルは木﨑香織です。彼女の歌声を堪能してください。

ジャケットのイラストは、4作連続で団 士郎先生にお願いしました。

歌がヒットするまでイラスト料金は要らないという温かいお言葉に涙しながら、貧しい私の音楽活動を支えて下さる御恩にいつか応えたいと思います。
たぶん死ぬまで私の歌が世に出ることはないでしょうから、たいへん心苦しいのですが、次のアルバムのジャケットイラストもお願いします。

なお、このアルバムの一番最後に、過疎に苦しむ笠置町の町おこしに日夜奮闘努力している坂本夫妻の長男長女による「おばあちゃん」という歌が収録されています。
笠置にある坂本家に出向き、笠置の空気も歌といっしょに録音しました。子供たちの歌声と共にセミの声やウグイスの鳴き声も入ってますよ。

こころを込めて作ったこのアルバムを一人でも多くの皆様に聴いていただきたいと思います。
どうぞみなさまの温かいご厚情を賜りまして、CDご購入のほどよろしくお願いいたします。
楽曲紹介
(全10曲)
1 家族の歌             
2 お母さんは先生         
3 明日になったら         
4 お背中とんとん子守唄    
5 まぁ、おんま、おかあさん   
6 ほろり、ほろりと      
7 黒猫フィナンシェ            
8 Our Lady MARIA
9 幼かったあの日のように       
10 たんぽぽさん
11 YOKOHAMA I’m on my way
12 君のさよなら
13 神の御胸の中
14 最期のうた
15 おばぁちゃん
★一曲一曲こだわり、愛情こめて作った曲を是非お聞きください★ gt. cho. 古川 秀明
b. 水田 十夢 木村 健
dr. 田中 良太
v 阿部 京子
vc. 本 勇ニ
オカリナ 児玉 小枝
15.おばぁちゃん vo. 坂本 慶榮 坂本 和心
per. vo. cho. 諏訪 和奈
p. vo. cho. 木﨑 香織

ジャケットイラスト 団 士郎
ジャケット協力 野村 大史

mixing & recording engineer  木村 健
全15曲入り 定価2500円(税込)

アルバムの購入方法

連絡先 ふるかわひであき講演会&ライブの会場にてお買い求めください。

通信販売もしています。
講演会&ライブの情報や、通信販売の詳細はHP(tantant.net)よりご覧くださいませ。
古川家族カウンセリング研究所(古川秀明)
 
2011/5/1
ホームページ開設


つながりチャンネルを閲覧するには・・   ユーザー名パスワードが必要です。
取得方法は、おしながきの 「お知らせ」 をクリックして下さい。








リンクはご自由に(確認メール不要)。
上記のバナーをコピーしてご利用ください。

タダタンタントHP

ふるかわひであきブログ